横浜市西区みなとみらいの ランドマーク横浜国際クリニック

オンライン診療

〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1
ランドマークプラザ1F

MENU

診療案内

脳神経診療部門・総合診療部門

脳神経診療部門

脳は思考し、喜怒哀楽を感知し理性を持った判断を行い、物ごとを創造する人間の臓器の大切な総合センターといえます。
働き盛りを突然襲う“過労死・突然死”の大半が脳卒中や心筋梗塞によると言われています。
今までの検査では見過ごされがちだった動脈硬化症にいち早く対応していくことが、“過労死・突然死の芽”を摘み取ることにつながります。
MRIやMRAは、くも膜下出血を起こす脳動脈瘤や、認知症(アルツハイマー)を起こす脳梗塞、認知症をもたらす脳の萎縮、脳腫瘍や脳出血の早期発見のために大変役立つ鮮明な情報を提供します。
近隣で数カ所の画像診断の外注先がありますので、患者さまのご都合で撮影場所を選んでいただき、結果を当院の脳神経外科・神経内科で迅速に診断いたします。

総合診療部門

さまざまな分野の担当医師が診療にあたります。
※下記のような病気に対しては担当医師の診療を受けることができます。
健康保険証をお持ちください

●頭部外傷およびその後遺症
●むち打ち症およびその後遺症
●脳血管障害(脳卒中)、脳出血、脳血栓、脳軟化症、くも膜下出血、
 高血圧症、脳動脈硬化症、慢性硬膜下血腫およびその後遺症など
●脳腫瘍
●頭蓋骨奇形、水頭症など
●けいれん(てんかんなど)
●痛み(頭痛、三叉神経痛、腰痛、肩凝りなど)
●めまい、たちくらみ、メニエール症候群など
●顔面神経麻痺、手足のふるえ、しびれなど
●パーキンソン症候群

その他、内科、一般外科、神経内科など一般的な診療、
プライマリ・ケア、成人、老人健診を担当する部門です。

対応可能な検査

●ホルター心電図(24時間連続的に心臓の働きを記録)
●精密胸部レントゲン(FCRによる胸部レントゲンの解析)
●頸動脈超音波エコーによる動脈硬化度検査

など、受診する方の必要に応じて各種のプログラムの組み合わせを設定します。

巻き爪・嵌入爪の治療

医療用特殊ワイヤーによる爪の矯正治療を行っています。
爪や皮膚をいっさい切らない治療法です。
森山医師の外来で行います。診療時間はお問い合わせください。
※この治療法は自由診療となります。

費用:初診:4,000円、再診:2,000円、処置:指1本ごとに1,000円(毎回かかります)
ワイヤー(1巻き):4,000円(最初にご購入いただき、なくなれば追加でご購入いただきます)
※表示価格は全て税込みです

リスク:ワイヤーは矯正する力が強いため、軽い痛みを伴ったり、爪が割れたりすることがあります。また、ワイヤーが指に当たり痛みを感じる場合があります。

にんにく注射(ビタミン注射)

初診料:1,000円
にんにく注射(ビタミン注射):2,500円
にんにく注射(ビタミン注射)スペシャル:3,000円
※表示価格は全て税込みです

スポーツをされる方やハードワーカーに利用者が多いにんにく注射は、疲労改善、疲れやだるさ、倦怠感の改善を求める方にお勧めです。にんにく注射というと本当に、にんにくが入っているのかと誤解される方もいますが、主成分はビタミンB群(B1やB2など)とグリコーゲンで、注射するとにんにくのような香りがすることから名付けられました。“ビタミンB1不足”は、全身の倦怠感、食欲不振、皮膚症状などさまざまな障害が表れます。食事やサプリメントでもある程度は補うことはできますが、症状が強い場合やには注射による補充をお勧めします。

リスク:注射の後で、特有のにんにく臭がするため不快感を感じる場合があります。
また、内服している薬によっては注射ができない場合がありますので、服用中の薬につきましてはあらかじめ医師に申し出てください。

ビタミンB1の役目

糖質(体が動くときや脳が活動する時に、速効的に使われる燃焼エネルギー源)が分解され、エネルギーに変わる時の反応に不可欠なものです。
筋肉に溜まる疲労感を緩和する働きが期待できます。
ですから、体に元気を取り戻し、疲れを取るのに必要不可欠なビタミンといえます。

ビタミンB1の欠乏症状

ビタミンB1が不足すると、摂取した糖質からエネルギーを作り出せなくなるので元気がなくなります。また、疲労物質である乳酸の除去も進まなくなるので疲労が溜まるようになり、だるさが続きます。

柔道整復師が常勤しています

下記の痛みに関する施術は毎日可能です。

  • スポーツ外傷など
  • 肩の痛み、ぎっくり腰
  • ひざの痛み
  • 関節痛
  • 打撲(打ち身)、捻挫(くじき)
  • 肉離れ
  • 固定やスポーツテーピングなどの処置
  • 痛みの電器治療(物理療法)※詳しくはこちら

いつでもご相談ください。必要に応じて、適宜、整形外科を受診していただきます。
※ただし、初診の方はドクターの診察を受診してからの処置になります。