医療法人社団アスクレピオス ランドマーク横浜国際クリニック

横浜市西区みなとみらいの ランドマーク横浜国際クリニック

〒220-8107 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1-1
ランドマークタワー7F
TEL 045-224-2111
お知らせ

 

脳ドックについて

 

曜日別各診療科目一覧はこちら

 

印刷はコチラ

 

オンライン診療「クリニクス」

 

トップページ»  脳ドック部門

脳ドック部門

なぜ脳ドックが必要なのか

 脳卒中の死亡率は、長い間国民死亡順位の1位でしたが、1985年に癌、心疾患についで3位になっています。
しかし、医療機関に罹っている患者さんは年々増えており、1970年から1987年までに脳卒中の患者さんの数は約3.2倍に増加しています。
脳卒中は、突然襲ってきますが、その原因となる血管の病変はひそかに進行しているのです。
危険因子となる高血圧、動脈硬化、糖尿病、高脂血症、心臓病等は脳卒中の前提と考えられていますが、前触れ発作(一過性脳虚血発作)があった場合など、最悪の事態に至る前に、打つ手があったと思われるケースも少なくありません。

 脳ドックはMRIやMRAを使用し、くも膜下出血を起こす要因となる脳動脈瘤・脳血管性ボケを起こす脳梗塞、痴呆を来す脳の萎縮・脳腫瘍や脳内出血などを早期発見し、重大な疾患を未然に防ぎます。
また受診する方の必要に応じて、以下のプログラムを設定いたします。
●ホルター心電図(24時間連続的に心臓の働きを記録)
●精密胸部レントゲン(FCRによる胸部レントゲンの解析)
●カラー・マッピング・システムによる脳波分析
●無散瞳眼底カメラによる眼底検査
●超音波脂肪厚計による肥満度チェック
●インフラアイによる血行障害・皮膚代謝異常・慢性疼痛・自律神経障害・炎症・体温異常の検診

先進テクノロジーの集大成である各機器と脳神経外科専門医がリアルタイムの脳の機能検査を精密かつ迅速に行うのがLANDMARK横浜国際クリニックです。
ぜひ当院で脳ドックを「健康管理の一環」として受けられることをお薦め致します。

 

脳卒中とは

種類 主な自覚症状
脳出血 突然の頭痛や嘔吐などが起きる。手足が麻痺する。意識が薄れていびきをかいたりする。
クモ膜下出血 突然後頭部に激痛が襲う。嘔吐も伴い、時間の経過とともに意識障害をきたす。
脳血栓 高齢者に多く、頭痛・めまい・言語障害などの特徴があり夜間睡眠中起こることが多い。
一過性脳虚血発作 症状は脳塞栓と似ているが、一時的なもので長くても24時間以内に消えることが多い。

 

起こってしまってからでは遅い

脳卒中の後遺症は、症状がある程度軽くなることはあっても完全になくなることはありません。
一度起こってしまうと社会復帰まで時間がかかるだけでなく、日常生活に支障をきたしたり場合によっては寝たきり・手当が遅れればもちろん死亡する例も多くあります。
万一、脳卒中で倒れてしまうと御家族の負担は経済的・精神的ともに計り知れないほどです。

 

自覚症状チェック

次の項目に当てはまるものが最近あるかどうか、ご自身でチェックして下さい

突然の頭痛がある、または頭痛持ちである
物忘れがする
手足のしびれ・力が入らないことがある
めまいや耳鳴りが起きやすく体がふらつくことがある
恒常的・突発的にに吐き気・嘔吐がある
舌がもつれて上手くしゃべれない
急に視野が狭くなることがある